就職活動の準備におすすめのハローワークの使い方

就職活動の悩みを一緒に支援してくれる機関がハローワークです。

マンツーマンでの損談カウンセラー

よく耳にする職業訓練校とは?

失業保険受給資格非該当の方を対象にされる求職者支援制度という制度でがあり、無料で職業訓練を受けることが出来ます。
そのほかに、職業訓練受講中に一般被保険者のように支払われる給付金に代わり生活費を保証するために、受講中の求職者には月10万円までの職業訓練受講給付金が支払われます。
しかし、職業訓練受講給付金を受けるためにはいくつかの審査を受けなければなりません。
これは生活保護制度同様、保険料の支払いも滞る程の生活力の困窮を示す要因を調べるために必要とされています。
内容としては、雇用保険の受給資格がなく一定以下の収入と居住地以外の土地建物などの財産が無い事が審査要件となります。
社会人2年目で突然会社が倒産して職を失った方なども要件を満たしていれば職業訓練校には入学できます。
沢山の職種から好きな技能を選択することができ、給付金を受けながら無料で再就職につながる技能を学べる素晴らしい制度です。

職業訓練校の上手な使い方

職業訓練校には託児サービスがある学校があったり、公共職業訓練等受講証明書を提示すれば働いていなくとも保育園にお子さんを預ける事も可能です。
ですから、母子家庭の方が会社を辞めざるおえない状況になった際など、お子さんを預けながらスキルアップして再就職の可能性を高く持てるというメリットがあります。
また、病気や不慮の事故などでの怪我などで、前職に戻れないような四肢不自由や体力の低下に陥る災難があったとした時、前職と全く違った職種の選択を余儀なくされることもあるでしょう。
全くの素人を雇ってくれる企業は皆無でしょう。
そんな時に、職業訓練校に入学し、3か月程職業訓練校に通う事で新しい技術を身に着けられるという事は、どんなに価値がある事でしょう。
いずれにしても、転職に関わる方にとても利益のある支援である事は間違いありません。



この記事をシェアする
TOPへ戻る